スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は真面目な日記。

今日は久しぶりに真面目な日記で~す。

まず皆さんは、聞こえる人が通う学校のことを何と言いますか?
一番多いのは、

「普通校」

だと思います。
次に、

「聞こえる人の学校」

これも多いんじゃないかな。

でも私は前から疑問に思ってました。

小学校の頃、私は難聴学級といって、「普通の小学校の中にある、
聞こえない子どものクラス」に通ってました。
それは、「統合教育」といわれ、簡単に言えば「健常者と
障害者の子どもたちがともに教育を受けること」とも言われて
たんだけど、そのとき、「聞こえる子どものクラス」のことを

「親学級」

と呼んでいました。
つまり、聞こえる子どもたちのクラスが「」で、
聞こえない子どものクラスが「」なわけです。

当時は全くなんとも思わなかったけど、今思うと、おかしいな。。と。

身体的に言えば、やはり聞こえないよりは聞こえる方が「健全」
であり、それが「普通」であるというのが今の社会であるし、
その考え方からすれば、「聞こえる」方が「聞こえない」方より
上である、ということで、「聞こえる」子どもが「親」であり
「聞こえない」子どもは「子」という見方をするということ
です。

それと同じで、聞こえる子どもたちが通うそこらへんにある
学校のことを「普通校」といい、聞こえない子どもたちが通う
学校のことを「聾学校」という、と教えられて育ってきました。

その言葉・・・

聞こえない子どもは決して「普通」ではない。
ともすれば、「普通」より「劣る」存在であると。

そういうふうに受け取れます。

確かに、五体満足であることが良いというのは誰もが思うことであり、
五体満足であること=普通なのだ、と思うのは当然、というのは
理解はできます。

だけど、それと、「普通」という言葉を使う、ということは
別だと思います。

聞こえる子どもが「普通」で聞こえない子どもは普通ではない・・

こういう解釈が出来るような言葉使いは、決して使ってはならないと
思います。


「障害者も対等に社会参加を!」

「障害者も平等に暮らせる社会を!」


そう叫ぶならば、
その前に、「普通」という言葉使いを改めてはどうか、と思うのです。


聞こえること、五体満足であること、
これらは全て優位であるとは言い切れません。


では、「普通校」という言葉からどういう言葉に変えればよいのか?
「聞こえる人の学校」?
これもおかしいですね。
聞こえる人による聞こえる人のための学校・・・
そこに聞こえない子どもは入れないようなイメージがあります。

実際は、聞こえない子どもも「聞こえないから入れない」のではなく
自由に入れるようにすべきであるし、聞こえない子どもが入学を
希望した場合はそれなりの対応が出来るように体制を整えるべきだと
思います。

そういう意味では、「聞こえる人の学校」という言葉もおかしい。

では・・・

他にどういう言葉がふさわしいのでしょうか?
皆さんの考えが聞きたいです。

コメント

一般校なんていかがでしょ?



v-40
・・・・・・・・・・ごめん、なかなかいい言葉が思いつきまへん。

2007/04/17 (Tue) 08:45 | ピロ #- | URL | 編集


普通に………

「○×○小学校」……とか?

「なにそれ?」と聞かれたら普通に
「地元の小学校だよ」
て答えたらシンプルかなー?

と、maeと話してたよん。

2007/04/17 (Tue) 13:28 | きのこへっち #- | URL | 編集

非常に難しいテーマですなぁ。。。(笑)

確かに普通校とか親学級とか、おかしいよね、今考えたら。
だけど、聾学校の存在はそのままであって欲しいって思う。
一般の学校で学ぶ事の難しさを、あたしは知ってる訳やし、聾学校で過ごした時間はすっごく楽しくかけがえのない時間やったし、勉強もきちんと出来た事が嬉しかったんよ。
そやし、一般の学校へ聞こえへん子供を自由に受け入れるのと同時に、聾学校も大事にして欲しいなぁ、って思う。。。

2007/04/17 (Tue) 15:59 | 女神(ピンク) #L1ch7n1I | URL | 編集

うちは地元の学校、難聴学級って言ってたなぁ~。

2007/04/17 (Tue) 18:01 | 33 #- | URL | 編集

普通校とか一般校という言い方にはちょっと抵抗を感じる者の一人です。聾学校は普通じゃない、一般的じゃないという印象を与えてしまうと思うので。特殊学校という言い方も抵抗ありますねー。今は特別支援学校となり、これはいいかなと思ってます。

単純に小学校、中学校、高校でいいと思います。
他には地域の○学校、地元の○学校といってます。

あとは聾学校内で、普通級と重複級ということばを使ってるのが気になるなぁ。分かりやすい表現なんだろうけど。




2007/04/17 (Tue) 20:13 | やきそば #- | URL | 編集

> 「聞こえる」方が「聞こえない」方より
> 上である、ということで、「聞こえる」子どもが「親」であり
> 「聞こえない」子どもは「子」という見方をするということ
> です。

親学級について,
この点でウチが思うのは,上下関係というよりは,
学校生活全体の基盤をどちらに置こうとしているのか,という発想から生まれた表現ではないかなあと思うんだけど。


小学校,中学校を指す言葉として,かつて勤めていた聾学校では「居住地校」という言い方をしていました。

2007/04/17 (Tue) 22:01 | toku #- | URL | 編集

「親」の立場として。。

「親」は「子」を育てますが、同時に「親」も「子」に育てられています。
「親」、「子」と言う言葉(漢字)に優劣や上下関係が含まれているとは思いません。
親があっての子。子があっての親。ですから。
なので、ねこさんの言う親学級と子学級の名前を入れ替えてもよいとおもいます。

※あくまで個人的な意見です。

2007/04/18 (Wed) 17:58 | むらよし #- | URL | 編集

>ピロ

そうだねぇ。
なかなか思いつかないなぁ>_<
一般校かぁ、それじゃあ他の聾学校とかは一般的な
学校じゃないの?ってなる場合もあるしなぁ。


>きのこへっち

そうやな。地元の学校、って答えるっていう意見は
他にもあったわ~。
結局はそれが一番シンプルなのかもしれないね!


>33

そうなんだー。難聴学級って呼んでたんだ~。
私んとこも一応、難聴学級って言われてたよ。


>PINK

そうだね、聾学校の存在は別に否定しないよ。
聾学校も必要な存在であるし。
聾学校のほうが聞こえない子どもを受け入れやすいのは
確かだし、そういう施設であるから当然なんだけど。
ただ、聾学校のことや聾教育のことを考えることは
大事だけど、地域の学校に通う子どものことも忘れてはならないし、
彼らのことももっと考えていかねばならないと思うんだよね~。


>やきそば

特殊学級も嫌だっていうのは私も同じ意見!
一般とは違う特殊な子、という印象を受けるし。
考えてみれば、そういう「ことば」って、聴者の視点で
派生したものが多いんだよね。
確かに聴者から見れば「特殊」な存在なんだろうな、とは
思うけど、そういう「ことば」から受ける印象っていうのも、
社会的な差別や偏見に繋がることがあるから、
その分私たちが「ことば」をもっと考えて変えていかねば
ならないと思う。


>toku

学校生活の基盤をどちらに置こうとしているか・・・
なるほどね、それも理解できる。
でも、それによって受ける「ことば」の印象が子どもたちに
与える影響って結構大きいと思うんよ。
そういう意味で、ことばはもっと考えていかねばならないんじゃ
ないかと思う~。


>むらよし

なるほど、そういう視点もあるんだね!
親も子から学ぶものがあり、子とともに成長していく、ってことね。
そうだね。親学級、子学級であれど、聞こえる子も聞こえない子から
色々学んだり感じたりすることも多いと思うし、それは
子どもにとって大きな影響があると思うから、そういう意味では
こういう考え方もアリなんだね。

2007/04/19 (Thu) 22:39 | ねこ #- | URL | 編集

そういえば,オブジェクト指向では「子ども」の方が「親」よりも具体的な実装に踏み込めるので,そういう意味で「子ども」の方が高機能だと言えるね。「親」の方針(定義)に気に入らなければそれを上書きすることもできるわけだしw

2007/04/20 (Fri) 03:38 | toku #- | URL | 編集

>toku

こんどはtokuらしい専門的なコメントですなww
そういうコメントをする所が一番tokuらしいっすww

2007/04/21 (Sat) 22:29 | ねこ #- | URL | 編集

個人的な考え方で申し訳ないですが…

あっちが「普通」だからこっちが「普通じゃない」というのは、あまりにも白黒的な考え方では?
あっちが「普通」で、こっちは「特殊」と思えばいいのでは?(「特殊」もイヤですか?)

そう考えれば、普通校、一般校でも、そんなに悪い言葉だとは思いませんよ。気にしだしたら、キリがありません。

あと、幸い、文明の力によって、障害者(障がい者)も生活ができるようになりましたが、不利な面があることに変わりはないです。ですから、自分たちが「特殊」だということは、ある程度、受け入れなければならないことだと思いますね。

ことばによって思考が変わるので、ことばを工夫することは賛成ですね。でも、ことばの微々たる表現にあまり振り回されないようにしたいっす。

2007/05/14 (Mon) 13:44 | たぁぼ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。