スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福岡3児死亡事故

皆さんも記憶に新しい、「福岡3児死亡事故」あるよね。
あの判決が8日に下りるらしいんだけど、その事故の判決で懲役25年のところが
7年に短縮されてしまう可能性が出てくるらしいです。

ヤフーの記事にもなっているから知っていると思うけど・・・

この福岡3児死亡事故、というのは、大量飲酒をした車が橋のわきに止めてあった
車に突っ込んで、そのぶつけられた車が川に落ちて、乗っていた3人の子どもが
溺れて亡くなったという事件です。

この事故を起こした犯人は、「自分でお酒を飲んで車をぶつけた」ということを
理解しながら、「友達に電話で頼んで、飲酒運転をごまかすために大量の水を
持ってくるように指示させ
」、「そばで母親が川に飛び込んで車の中から
3人のこどもを助けようとしているのを見ていながら
」「何もしなかった
ということが問題になっています。

この事件では、まず「自分がお酒を飲んでいることを自覚していた」ことが争点と
なっており、その次に「友人に飲酒運転をごまかすために水を持ってこさせた」という
ことも争点となっています。

世間では、「飲酒運転をして3人の子どもを見殺しにした罪は重い、
3人も子どもを殺したのだから、当然死刑か一生刑務所だ」という見方をしているのが
ほとんどのようです。
私も、親の気持ちを考えると、やはり当然重い罪が科せられるべきだと思うし、
飲酒運転で人の命が消えるということ自体、殺人とおなじことだと思うので、場合に
よっては厳しいかもしれないけど死刑も当然だと思うんですね。

ところが、最初懲役25年と言われていたのに7年に縮むなんて・・・・

なぜだろう、と思って調べてみました。
そしたら、「危険運転致死傷罪の成立は困難と判断したとみられ、
法定刑の軽い業務上過失致死傷罪を適用するかもしれない」ということだそうです。

つまり、

危険運転致死傷罪=自動車の危険な運転によって人を死傷させた際に適用される
業務上過失致死傷罪=業務上必要な注意を怠り、人を死亡させる犯罪をいう。

一見似ているけど、

簡単にいえば、

危険運転致死傷罪=極めて重い飲酒をした場合(ひき逃げと併用した場合、最高懲役25年)
業務上過失致死傷罪=軽い飲酒をした場合適用(ひき逃げと併用した場合、最高懲役7年6か月)

となるんですねー。

同じ飲酒をした場合でも、こんなに違う。
3人の子どもが死んでいるのに・・・。

更に、裁判では、

被告は「自宅や飲食店2店でビール350ミリリットル・焼酎540ミリリットル・
ブランデー水割り数杯を飲酒した」ということが分かっています。

ところが、この相当な飲酒が裁判ではなぜか、問題になっていたんです。
つまり、本当にこれだけたくさん飲んだのか?ということを明らかにする証拠が
見つからなかった、ということ。
被告は飲酒運転をごまかすために、大量の水を飲んでごまかしたみたいですからね。

それで、検察側では、事前の飲酒量や店での様子などから「相当の深酔い状態で、
極めて危険かつ異常な運転をした」と指摘しているのに、
弁護側では、「飲酒は微程度で、運転は困難ではなかった」と反論しているんです。

つまり、被告人はここまでやっておいて、自分の罪を軽くして、刑務所にいる
期間を短くするために「飲酒は少しだけしかやってない」と言っている、ということ。

裁判側としても、相当なお酒を飲んだ、という決定的な証拠がない限りは

「分からない」

ということで、危険運転致死傷罪が適用できないかもしれない、ということになるわけ。

そのために、本来なら危険運転致死傷罪が適用されるべきなのに、証拠がないために
業務上過失致死傷罪になってしまい、懲役も25年から7年に縮んでしまう、という
ことなんですねー。

ここで問題なのは、この被告人のお父さんが警察関係者だということです。
(本当かどうかは分かりませんが)
このお父さんが圧力をかけてきたから、今になって「やっぱりお酒は少ししか飲んでない」
ということになったのかしら汗
判決ギリギリになって、「やっぱり違う」と裁判所が言ってきたのもおかしいしねー。

しかし、この判定が決まった場合、この被告はまさしく「逃げ得」になってしまいます。
3人も殺しておいて業務上過失になった場合、たった7年で出所出来るのです。。
これでは逃げ得と思われて当然です。

警察ももっと頑張ってもらわないと、こんなんじゃ飲酒運転はこれからも
なくならないのでは。
被告人が大量の水を飲んで飲酒運転をごまかそうとしたこと、それだけでなく、
子どもを見捨てて逃げようとしたこと、あとは被告人に水を持って行った友人の証言、
被告人が飲んでいた店のマスターの証言などがあってもまだ、駄目なんでしょうか?

それだけでなく、飲酒運転をして人の命を奪ってしまった場合は、どんな状況であれ、
危険運転致死傷罪を適用するべきです。
殺人とおなじですからね。

それに、これだけ飲酒運転はだめだと報道されているのに、それでも飲酒運転を
する人は、「人を殺してもいい」と思っているのと同じことでしょうに。
飲酒運転で人を殺した場合は「殺人罪」を適用してもいいんじゃないのかなぁ。


=================================
長い日記になってしまったけど・・・息抜きにこちらもどうぞ。
「かわっち&ねこの関西グルメどうでっか!?」
今回は心斎橋の骨付鶏の店「一鶴」です。香川県名物らしいねー。知らんかった。
こちら→→クリック!
=================================

コメント

………。(・・、)

今身ごもってる立場としては、ぜってぇーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー許せん………i-180i-191
まだこの世の中に生まれてへんとは言え、あたしの我が子に変わりはない。
あの母親の気持ちを考えると、胸が引き裂かれそう。
すごくすごくすごくやるせないんやろうなぁ。
あの母親が4人目を最近産んで、その様子が流れてたのね、TVに。
たまたま見てたんやけど、号泣しちゃったよ………i-240
そん時、友達が遊びに来てたにもかかわらず。(苦笑)
マジ、飲酒運転は許しません!!!!!!!!
ちょっとだろうが、アカン。
飲んだら乗るな、乗るなら飲むな。
っちゅうか、そんな事件起こるぐらいなら、お酒の販売止めちゃえばいいのに。。。
あたしゃ、そう思うんやけどねぇ。( ̄▽ ̄;;)

2008/01/07 (Mon) 10:04 | 女神(ピンク) #L1ch7n1I | URL | 編集

7年は短すぎる。子どもたちが生きるはずだった年数を考えればはるかに少ない。
さだまさしの曲「償い」は実話に基づいているそうだが感動した。知らない人はググッてみて。詳しい話がわかるよ。せめて謝罪と償いだけはしっかりしてほしいね。

2008/01/07 (Mon) 20:39 | やきそば #3hri4u1c | URL | 編集

親御さんの気持ちを考えると、くるしいですよね・・・
当日の救助活動には、言葉もありません

この二つの罪はよく比べられますが、
危険運転致死傷罪のために、逃げ得する人が逆に増えてるそうですね。
とにかく
飲んだら飲んじゃあいけません

2008/01/07 (Mon) 23:08 | みかぶ #- | URL | 編集

>PINK

そうだよねぇ・・・・
どんな親にとっても子どもは大事な宝だからね。
それを一気に3人も失われ、しかもその原因が飲酒運転って・・・・
ご家族にしたらやりきれない思いだよね・・・
でもあたしゃ、4人目がうまれたと知ったときちょっと複雑だったかもw


>やきそば

償い、ググってみたよ~。感動した・・・・
その犯人にも、この償いを聞いてほしいわ。本当に。


>みかぶ

だよねぇ。
全裸のまま飛び込んで、夜の見えない視界の中で手探りで必死で探してたんだからねぇ・・
それなのに、隣で犯人は証拠隠滅だよ、あきれるわ。
逃げ得を許さないためにも、ぜひ危険運転致死傷罪の適用をしてほしいわ!!

2008/01/08 (Tue) 01:24 | ねここ #- | URL | 編集

こんな事ってあるの? 遺族はやりきれないね。
でも、いくら法での処罰を軽くしようが、自分のした行為は生命そのものに刻まれるから、逃れることはできないね。
子供たちを見殺しにした事実を背負いながら生きていくのもまた「罰」であるかと。

止めなかった人も幾分かは背負わなきゃならないね。

2008/01/08 (Tue) 16:21 | きーよん #- | URL | 編集
うーーーん。

4人目、やっぱ複雑やった?
それは、ようあんな精神状態で子供作れるなぁ、ってゆう意味で?
あたしも、ちょっぴり色々と複雑やったけども、やっぱそれでも子供のおらん生活は考えられへんかったんやろうなぁ、って思うのi-181

2008/01/08 (Tue) 18:49 | 女神(ピンク) #L1ch7n1I | URL | 編集

>きーよん

結局7年6か月になっちゃったね。
でも裁判所としては、「飲酒運転をしたという決定的な証拠がないので、飲酒運転をした、というのではなく脇見運転をしたということで、でも、家族の気持ちも考慮したうえで最大限の罪状を与えた。」ということらしい。
う~ん。家族の事情を考慮するよりも先に証拠を取ったか。
裁判所も変わらないとこれからも飲酒運転はなくならんわ。

そうやね、でも結局は罪状に関係なく、一生罪から逃れられないというのもまた「罰」なんだろうね。
その人がちゃんと心に刻んで、一生罪を背負って生きていくというのならまだいいけど。
けろっと忘れて、「7年に縮んでラッキー」と思ってたらいややなぁ。


>PINK

うん、ちょっと複雑やったなぁ。
だって計算すると、事故があった2ヶ月後に妊娠でしょう?
よくあんな状態で子どもを作れるな、って思っちゃったよ。
でもPINKの言うとおり、子どものいるにぎやかな生活が欲しかったのかもしれないね・・・。

2008/01/08 (Tue) 21:15 | ねここ #- | URL | 編集

飲酒運転した被告も悪いけど、3人の子どもを亡くした親御さんにも責任あるんじゃないの?っておもう。真夜中に子どもを連れまわして運転すること自体が非常識。カブトムシを取りに行ったとか何とかいってるけど、1才の子供まで連れまわすか?

カブトムシは夜7時くらいになれば出てくるし、その時間ならいいけど、真夜中というのが理解できない。そんな非常識なことさえしなければ3人の子供は死ななかっただろうし、親御さんにも責任はあるということだね。

2008/01/09 (Wed) 12:45 | きんまさお #- | URL | 編集

>きんまさお

なるほどなぁ、そういう見方もあるのか。
確かに、非常識なことをしたというのもあって
このような事故につながったっていうのも
ありえるかもしれないな。
この事件には本当に色々な見方があるよなぁ。

2008/01/10 (Thu) 03:33 | ねここ #- | URL | 編集

現に3人の幼い子供の命が奪われているというのに。

「お酒をどれくらい飲んだのか」という内容が
そんなに、大事なことなのか?とちょっと考えてしまいますね。

2008/01/12 (Sat) 10:35 | Lemon #- | URL | 編集

>Lemon

だよねぇ~。
お酒をどれくらい飲んだかどうかよりも
現実問題としてお酒を飲んだことで子ども3人の
命が奪われているんだから、そこを考えてほしいね。

2008/01/21 (Mon) 20:42 | #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。