スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甥っ子を預かりました。

日曜日、弟夫婦の息抜きのため甥っ子を半日預かりましてん。

甥っ子2歳。まだまだコミュニケーションはとれてないけど、かわいい盛り。
あぁ、このままかわいいままでいてほしい・・・と甥っ子を見るたび思ってしまう。

でも、弟が相当心配してて、何べんも「ひとりで預かって大丈夫か?」と聞いてきてた。

大丈夫、と答えたけど、でも、「預かる」という行為はやっぱり責任が出てくるものだし、少なくとも親が安心して任せられるようでないとだめだと思う。

ということで、大丈夫と言いながらも心の中では「しっかり見ておかねば!」と思ってた。

弟夫婦が帰っていったあと、ひとしきり甥っ子と遊んだ。
甥っ子が部屋にあったウチワを取り出して、私に渡してきた。
甥っ子がうちに来たときは、ウチワをあおいでやるとすごく喜ぶ。
それで、甥っ子にせがまれるまま、ウチワをあおいでやった。
ず~っとウチワをあおいでやると、きゃあきゃあ喜んで転げまわったりダンスみたいに踊ったりする。
その様子がかわいくてかわいくて、ず~~っとウチワをあおいでやった。

すると、腕がケイレンした。

うっ!!!
二の腕が痛い!!

それで、「はい、ここまで~」と、あおぐのをやめると、イヤイヤと首を振って、ウチワを指差した。

これがまた、かわいいんだよな~。
もっとやって~みたいに哀願する目で見られると、くっ・・・とくる。

これが恐るべし子どものパワーか!!

もし私が同じように、「もっとやって~~」と甘えたら即、「キモイ!」と突き放されるに違いない。
人に頼むときだけ子どもに戻りたい。笑

しばらくして飽きた甥っ子、外に出たいとせがむ。
「おそとは寒いし、今はやめとこうね」と声をかけたりおもちゃを出して見せたりして気をそらそうとしたけど、なぜか、ドアのところに張り付いてせがんできた。

なので、しょうがないな、と思いつつ、外に出てバスに乗って、近くにある消防署の防災センターに。
ここでバスに乗る時結構大変だった。

まず、雨だったので、甥っ子はずっと抱っこして、片手に傘。
まだ2歳とはいえ、なめちゃいけない。

お、重い・・・・

でも降ろしてしまうと雨にぬれることがあるため、ひたすら抱っこ抱っこ。

頑張ったよ泣

バスに乗ったら乗ったで、まず甥っ子をバスに乗せてあげてから傘をたたまないといけない。

ボタン1つで片手でも開く傘はあるけど、片手でたためる傘はないんだなぁ。
誰か、ボタン1つ押しただけで片手でもたためる傘を発明してくれんかのう。

親になるというのは、こんなに大変なことなんだなぁ。とこういうときに実感した。

そしてどうにか防災センターに到着。
ここは消防署の模型とか消防体験のゲームとか、ゲーセンでも普通にあるゲームまでタダで出来るから甥っ子はお気に入りだ。
この日は消防の模型をひたすらガン見。
ボタンを押すと模型が動くんだけど、そのボタンを3回も繰り返して押してた。
そして、ひたすらガン見。

防災センターのおねえさんが「もうお時間ですので、お帰りください」と声をかけてきても、ひたすら無視、無視。
しばらくしてやっと防災センターを出た。
ふと、防災センターのすぐ近くで妹がバイトしているコンビニがあるのを思い出して、コンビニまで歩いて行くことに。

コンビニまでちょっとの距離だったし、雨も小ぶりになってきたので甥っ子を降ろして手をつないで歩くことに。
甥っ子はおとなしく手をつないでくれたけど、なかなか進まない。笑
水たまりに足を突っ込んでみたり、しゃがんでお花を見たり、車を眺めたり・・・

大人は目的地があると、ひたすらそこまでまっすぐ歩こうとするけど、
子どもは目の前にあるものに興味を持ってそれを眺めながら歩こうとする。

これが大人と子どもの違いなんだな、と思った。
子どもの方が世界を楽しんで歩いているように感じた。

なので、私も甥っ子に合わせてゆっくり歩いてみた。

しかし、心の中では


「あぁ~、早く歩いてくれ~~!」

だった。

私もまだまだだなぁ。笑

そんな感じでコンビニに寄ってから家に戻った。

夜に弟夫婦が戻ってきて、「大変だったでしょ?疲れた?」と聞いてきた。
でも、私は「大丈夫だよ」と答えた。

だって、たった1日預かったくらいで「疲れた~大変だった~~~」と答えてしまうと、毎日子どもの相手をしている二人はどうなるのさ!と思ったから。

1日預かってみて、子どもを育てることの大変さがちょっとは分かった気がした。
色々な発見ができました♪

でも、弟夫婦にしたら、雨やのに外に連れ出すのは余計というか、心配だったらしい笑
私としては、途中までバスだったし、歩いたのは防災センターからコンビニまでの数分だったから大丈夫だろう、と気楽に思ってたけど、やっぱり親としてはそれでも心配なんだろうな、と思った。
特に甥っ子は人懐っこくて、他人にも笑顔を見せるくらいだし、目を離すとダーッと走っていくくらい元気な子だから、余計心配なんだそう。

ふーむ。そういうもんなのか。なるほど。

今回は軽く考えてやったことで弟夫婦に心配かけちゃったけど、「預かる」という行為は簡単なものではなく責任がすごく重いことなんだから、それをもっと考えた上で、今後は気をつけて弟夫婦が安心して子どもを預けられるようにしなければ、と思ったのでした。

やっぱり、弟夫婦もたまには息抜きが必要だしね~。
弟夫婦が息抜きやデートしたいときなんかは私に預けにきてもらえるようにこれから信用してもらえるようにしたいな~。
  • このエントリーのカテゴリ: 家族。

コメント

お疲れ♪♪♪

あるあるある!!!
片手で閉じてくれる折りたたみ傘、ダ~リンが持ってるぞ♪(笑)
けど、たたむのは自分でやらんならんが…。(当たり前!?)

甥っ子の面倒見てるの、いい育児勉強になるんちゃう?
すごいステキな経験になると思うぞi-184
あたしよりも育て方、分かってたりして!?(笑)

その調子で子供の扱い上手になって、
そんで、あたしの子供も預かってくれますか???(爆)(爆)(爆)
なぁんちゃってi-175
ウソウソ☆(*′艸`*)

2008/01/21 (Mon) 21:29 | ピンク #L1ch7n1I | URL | 編集

うむ。やっぱ想像してるよりずっと大変な事なんだろね~。
小さい子供の世話ってのは。
変な話だけど、勉強になるね(^^;)

あー子供欲しい。。。。

2008/01/21 (Mon) 23:05 | ピロ #- | URL | 編集

>PINK

え~っ、片手で閉じられる傘あるの?
見てみた~い!!
確かによい育児勉強になるわぁ。こういうときに
親は困るんだな、とか、色々と参考になるー。
これから甥っ子とコミュニケーションが取れるように
なったらもっと勉強になること増えそう。

あら、子どもができたら楽しみにしてるわよ♪w


>ピロ

そうなんよ~、ただ「かわいいかわいい」だけでは
ダメなのよ~。色々と考えることあるわぁ。
子どもほしいのかw 作っちゃいなさいw
でも作れ作れって簡単に言う分にはいいけど、実際には
簡単なもんじゃないんだよねぇ~。
でももしピロの子どもできたら遊ばせて♪w

2008/01/22 (Tue) 00:12 | ねここ #- | URL | 編集

母は強いのです。
というよりも、強くならざるを得ないわけですな。
生まれたての子供でも3~4kgあるわけで、ちょっと大きくなればあっというまに10kg。それを毎日抱き抱えるということは、毎日米袋を担いでいるのと同じわけで、そういう母親の腕はたいていたくましくなっていますw
それを見るたびに頭の下がる思いですね。

片手でたためる折りたたみ傘はどこかで見た気がする。
プレゼントしてあげたら喜んでくれるかも!

2008/01/22 (Tue) 00:28 | DISKY #SJMMuUIM | URL | 編集

わかるわ~。
うちも時々甥っ子たちを預かるんじゃけど、やっぱ「責任」っていう言葉が頭の中をよぎるわ。
もちろん相手してる間はきゃいきゃい楽しんでるけど、何かの拍子で頭ぶつけた時とかはドキッとするね~。
男の子だから少しくらいの怪我は大丈夫だろうけど、やっぱ親のいない時の怪我はさせたくないね。
いい練習をさせてもらってると思っとります。

2008/01/22 (Tue) 21:07 | きーよん #- | URL | 編集

>DISKY

うん、そうだよねぇ。毎日毎日子どもさんにつきっきりで
米袋をかついで歩いているのと同じだよねぇ。
わが子が好きだから、強くなるんですな。
ほんまに尊敬しますわ。

そうやなぁ、探してみよう。でももう持ってたりして。


>きーよん

そうなんよね!!私も、もし自分の子どもが遊んでて
けがしたとしても、あー、やっちゃった。まぁいいわで
終わるかもしれない。
でも、甥とか、他人の子どもを預かったときなんかは
ちょっとしたけがでもヒヤッってしちゃうよね~。
なんか自分の子どもより他人の子どもを預かる方が
責任が重いような気がしないでもないw

2008/01/23 (Wed) 13:03 | ねここ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。