スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現役キャバ嬢。

・・・・といっても私のことではない。笑


実はひょんなことがきっかけで、今キャバクラで働いている人、いわゆるキャバ嬢と
仲良くなって毎日メールしている。
恋人みたいに朝の「おはよう」からしょっちゅうメールしています。笑


その女の子は年齢が29歳。
もう長いこと夜の世界にいるから、30になったらキャバクラを引退するつもりだと言っていた。
ただ、長く夜の世界で生きているから、30になってから昼の世界で生きていけるのかどうか
分からない・・と不安がっていた。

夜の世界。
一体どんな世界なのだろうか。

昼の世界では分からない、色々なことが渦巻いている世界なんだろうな。とは思うけど、
夜の世界の住人はそれなりに覚悟を持って生きているんだな、というのが分かった。

自分の体を張って生きていかないといけないし、
政治、経済、あらゆることへの知識がないと生き残れない。
もちろん、会社のお偉いさんを相手にすることもあるし、そういう時は
相手を癒せるようなトークをしたり、逆にアドバイスをしたり・・といったこともあるそう。

でもその子は、自分は妹タイプだから甘えたい方だし、そんなことはできないって言っていた。
そのかわり、常に笑顔で明るく、時にはちょこっと甘えたりして男を癒やすのだ、と。


そして色々話して個人的に思ったこと・・・。


今の世の中、男にとっては本当に癒やしが必要な時代になってきているのかなぁと・・。


不景気だからこそ、今の男たちは頑張っている。
不景気だからこそ、頑張っていかないと家族を養えない。
給料がもらえないから生きていけない。

だからこそ、今の世の中を生きる男たちは、実は今までの時代よりも
本当にすごく頑張っているんじゃないのか?と思ったのね。

でも今は、女が強くなっていて男を引っ張る女が多いっていうよね。
肉食女子、みたいな。

それも今の世の中が生んだ産物というけど、それでもやっぱり、
社会も不景気で会社では上司に怒鳴られたりして暗いことも多くて疲れるのに、
更に女まで強くなってしまうと男の人は疲れるばっかりなんじゃないかなぁ?と。

だからこそ、今の世の中、女性は強くなったっていうけど
本当は逆に「男を癒やせる女性」が今こそ必要なんじゃないかなぁと感じたのでした。


私も、これからはもっと思いやりと優しさを身につけて、男を癒やせる女性に
なりたいなぁなんて思ったのです


そして、男を落とすテクを1つ教えてもらいました。笑


次はどんな人と出会うのかな。
最近、色々な新しい人たちと出会って話をすることが多くて楽しみです
  • このエントリーのカテゴリ: 友達。

コメント

強い女は男を癒せない、ってのは違うんじゃないかな?
強いからこそ、弱ってる男を励ます強さがあるんじゃないかなぁ。
強くない女は、弱ってる男なんてかまわずに自分が頼れそうな男に付いていくんじゃないかな。

2009/11/19 (Thu) 21:45 | DISKY #/.OuxNPQ | URL | 編集

>DISKY

なるほど!そういう見方もあったね。
あ、でも、強くない女=癒やし、というわけでもないよね。

2009/11/19 (Thu) 22:05 | ねここ #- | URL | 編集

そういや筆談ホステスがいたなぁ。
(ただ、ドラマ化には何だか抵抗あり・・・)

うちは、キャバクラは会社のつきあいで
1回しか行ったことないから
よくわからんな~

キャバクラも不景気のあおりを
受けているだろうし、
色々工夫もしてるだろうね。

個人的には、
確かに、癒しを受けられるかもしれんけど、
一時的なものなんじゃ・・・と。

まぁその一時的なものでも、
人それぞれ価値観が違うしな~

やっぱ、何か愚痴聞いてほしい時、
自分に合ったふぃーりんぐで
どう受け止めてくれ、元気づけられ、
または静かに全部聞いてくれる、
やっぱフィーリング次第かなぁ、
当たり前のことやけど。

2009/11/20 (Fri) 23:47 | ささみ #qh.Vxn1c | URL | 編集
NoTitle

>ささみ
うんうん。分かる!!
自分に合ったフィーリングで愚痴を聞いてもらえる
相手がいるっていうのは大事なことよね。
愚痴を言っても、それを聞いてくれる相手と自分が
波長が合わなければ逆にこっちが疲れたりするし。

2009/12/03 (Thu) 21:24 | ねここ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。