スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いちばん大切なこと。

こないだ、ある人からきつく怒られた。
その経過などは省くけど、この件で私は自分の人間としての甘さ、浅さ、そして
様々なことを考えることができた。


私は今まで、友達とぶつかり合ったことが少ない。
友達に対して怒ったこともほとんどなく、友達から何か言われてもすぐ謝ったりして
トラブルを避けてきた。


友達とケンカしたりというのが苦手だったし、面倒くさい・・というのが多分、心のどこかにあったと思う。


でも、ある人に対してひどいことをしてしまって、ある人から怒られたとき、
最初は謝った。
でも、謝ったのにそのあとも更にメールが来て、かなりきついことを言われて、ショックでへこんで、
一時的に逃げてしまった。

ぶつかるのが面倒、謝ってるのにもういいじゃない・・・。メールするのもしんどい・・・。

そう思って、逃げてしまった。

でもその人は、その日の夜中2時ごろまで、私からの返信をずっと待ってくれていたみたい・・。
最終的に、その人から、夜中の2時半ごろにメールがあって、

「ずっと待ってたんやけどな・・・。
きついことを言うたからショックだったかもしれないけど、こう言う時こそ、
その日のうちに返信が必要やと思うよ。。
ともあれ、私は怒りをまっすぐぶつけたよ。信頼関係を壊されたと感じたからだよ。
私の気持ちが伝わりますように・・」


と書いてあった。

時間を見ると、夜2時半。
こんな時間まで、私を信じて、私からのメールを待っててくれたのかと思うとびっくりしたし、
ほっといて寝てしまった自分が情けなくなった。


その日の昼、たまたま別の友達と話す機会があったので、ある人とこんなことがあった、
どうしたらいいのか、と悩んでいると話した。
そしたら、その人も、

「ネコ・・・それ、うちに対してもよくあったよ。
多分さ、ネコは謝っていても、「ともかく謝っとけばいい」みたいなところがあるんじゃないかな?
うちも、ネコと何かあってネコが謝りのメールをよこしてきても、「謝ればすぐ済む」みたいな
ところが見えることが何回もあったよ。
どんなに言葉を並べてていても、やっぱりそういう気持ちがあると、どんなに謝ってても
やっぱりこちらには分かってしまうものなんだよ。
多分、その人も、そういうところが見えたからこそ、余計にきつく怒ってきたんじゃないの?」


と言ってきた。


最初は、えぇっ!って思ったけど、よく考えると確かに・・・と思った。


今までも、その人や他の人と何かあった時、「謝っておけばすぐ終わるだろう、
謝っておけばいいわ」みたいな気持ちでごめんねメールをしていた時があったと思う。

やっぱりそういうものは、相手にも分かってしまうもの。
どんなにいい文章を並べ立てても、どんなにいい言葉で謝っていても、やっぱりそれが
本心でない限りは、相手に透けて見えることがあるんだなと。


それを、その友達に話したら、


「そうだよ。君に足りないのは「謙虚さ」なんだよ。
謙虚なところが君には足りないとうちは思っていた。」


と言われた。


確かに、謝っておけば済む、謝っておけばいい・・と思っている限り、私も私自身が相手と
本気で誠実に向き合っていることにはならない。


謙虚な気持ちを持って、相手のことを尊重しつつ、
真剣にぶつかりあって、真剣に謝ってこそ、本当に誠実な人間関係を築くことができる。


また、そういう適当な気持ちで謝りのメールを入れるということは、言いかえれば、
私自身が相手の気持ちを真剣に受け止めて、きちんとお返事していないということになる。

それは結果的に、相手のことを軽んじている、ないがしろにしていることに繋がるのではないかと気づいた。


そして、もしかしたら他の友達や、他の人々に対しても、こんなふうに適当にあしらってきた
(私はそんなつもりはなくても結果的に)ことで、周りからの信頼を失ったり、また、周りからも、
「あの人とは浅い関係しか作れないな」と思われたりしていたかもしれないな・・・と思った。


つまり、言いかえれば、自分自身が相手を尊重して、相手と誠実な関係を作ろうとしていなかったからこそ、
相手からも尊重されず、誠実な関係を作ってもらえてなかったのかもしれない。

いわゆる、「謙虚な気持ち」で「相手を尊重して」「相手に誠実に接する」ことが私には足りなかった。

私は人間として浅かったんだなぁ。自分で自分にショックを受けた。


今回、ある人を傷つけてしまったことで、その人から色々と怒られて、でも、そのおかげで、
自分の甘さ、浅さ、人として足りなかったことに気づくことができた。


人との関係を作っていく、ということは、「楽しい」だけでは成り立たない。
「楽しい」だけではなく、こころとこころが繋がっていくこと、こころとこころが結びつくような関係・・・
そういう関係を作っていくことが一番大事。


今回は、その友達と、ある人に感謝している。
二人とも私の長年の付き合いで、私の悪いところもたくさん見てきているはずなのに、今まで
二人とも私を捨てずに仲良くしてきてくれていたんだな、と気付いた。
そして、今回私のためにはっきりと言ってくれた。
感謝している。

はっきりと自分の悪いところを言ってくれる人たちは、これからも大事にしたいと思う。


ありがとう。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。