スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫とのなれそめ ~わたしたちはいわゆるツイ婚です~

今日は夫とのなれそめについて書こうかな。

今の夫と知り合って4年、結婚して今年で3年目。

今から約6年前、当時32歳だった私はこれまた当時の彼と結婚の約束をしていた。
約6年も付き合ってきて、当時の彼が私の家まで来てくれて「結婚させて下さい」と
言ってくれた時は本当に感無量で、「やっとここまで来たんだな」と思ったな~。

でもそれから1週間後、なんといきなり振られるという痛い目に!
その時の心境たるや、もうナイアガラの滝から落とされたみたいな気分だった。
こんなの。
images_201510201408217f7.jpg

いや実際はこんな軽くはなかったけど(笑)


その翌年、私は突然東京へ引っ越す!という周りから見たら暴挙という行動に(笑)
その当時は、もう33歳になっていてそれでもまだ実家暮らしで・・
ずっと実家にいてそれはそれで楽しかったけどこれでいいのかな?という
気持ちもあって。
それにうちは親が離婚してて、更に当時まだ高校生だった妹が家にいたから、
家で色々とせなあかん!と思って家にいたけど、その妹も大学生になって
家を出たし、それなら私も家を出て一人暮らししてみたいな~ってのもあって。

その時に、東京での仕事のお誘いを頂いたというのもあり、ヨシこれは東京へ出陣だ!と。
さすがに、同居していた祖母や父の気持ちを考えると心は傷んだけど・・・。

そして東京に引っ越して、就職もして、好きな人もできて。
でもその人とは実らず片思いのまま終わって意気消沈(笑)

めでたく失恋して、それから1ヶ月後ぐらいに出会ったのが今の夫。
(この失恋が後々のハッピーに繋がったから、めでたく、と書いておく)

実は夫とはこのほぼ1年前からTwitterでお知り合い。
Twitterでどこかからか知らないけど私を見つけてフォローしてくれた人で。
私もフォロー返しをしたけど、お互いになーんにもやり取りしないまま時が過ぎて(笑)

でも、夫のTwitterは家族思いなところが見え隠れしていて。
たまにアホなことをつぶやいてたけど、それでも特に家族思いなところが良くて、
「きっと実際に会ってもいい人なんだろーなー。」と思ってた。

それからほぼ1年の時が流れ・・・。

ある日のこと。
何気なくTwitterを見た時。

夫の発言が目に止まった。

「明日は東京へ出張ー。終わったらどこかぶらぶらするかな」

みたいな感じのツイート。
ちょうどその日はたまたま、友達との約束を友達の風邪でキャンセルされ、予定が空いていた日だった。

あ、明日は空いてるやん。
そう思った私は、「あー、この人と会ってみようかなー」と気持ちが動いた。

そして気づいたら、まだ顔すら知らない夫に向かって

「もし良かったらその日は私も時間があるので、どこかで会ってお茶しませんか?」

とメッセージを送っていた(笑)

するとそれからしばらくして返信が。

「いいよー。上野あたりでもいい?」

おぉ・・・!
そして色々とやり取りして、昼上野で待ち合わせすることに。

この時に思ったのは、「相手は私が耳が聞こえないの分かってるんだろうか?」
ということだった。
でもあえてこの時は何も言わないでおいた。
言ってしまうと、多分余計に相手に気を使わせることになると思った。
それよりも実際に会って、もし相手が私の耳が聞こえないことを知らなかったらそれはそれで良いし、
その時にコミュニケーションを取る方法を教えれば良いと思ってた。
逆に、相手が私の耳のことを知っていた上でOKしてくれたのだったら、それはそれで嬉しいなと。

そして待ち合わせ当日。
夫からメールが。


「どうやって話をすればいいのかな?」


あ、私の耳が聞こえないの分かってるんだな。


「気にしていただいてありがとうございます。筆談で大丈夫ですよ。私、筆談用具持っていきますね」

こういうお返事をしたと思う。

そして実際に待ち合わせ。
この時、夫が指定してくれた場所が分からず、駅をウロウロしてしまい、夫に

「その場所の特徴は何ですか?」
「目印はありますか?」

といろいろと聞いたあげく、
最後には

「ごめんなさい、探したけど分かりません。あなたからココに来てもらってもいいですか?」

ってメールした(笑)←何様・・・(笑)


そして待っていると、夫が来た。


それが初めての出会いだった。


続く(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。