スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイ旅行へ出発!

さてさて、今日はタイ旅行へ出発した日のことを。

その日、私は彼と一緒に中部国際空港へ向かいました。
(一緒に行く友達が福井の人なので、名古屋の空港で待ち合わせて
一緒に行くことになってたのです)

電車に乗ると、通路を挟んで2つ席が空いてました。
本当は一緒に座りたかったんですけど、それしかなかったんで
仕方なく通路を挟んで座ったのですよ。

そしたら、私の隣の女の人が

「あのう、席を替わりましょうか?」

と!

しかも 手話で!!!


びびった・・・・
でも、彼と一緒に座れても旅行のカバンがでかいので
2つ一緒に置けないということもあって、丁寧にお断りしました。


・・・・・
でも、今の手話だよな?間違いなく???

彼と二人で、

「ねえねえ、今の人手話だったよねぇ?」
「すごいな、なんで手話できるんだろうね?」

とひそひそ。笑


で、思い切って私、隣の女の人に話しかけてみたんですよ!

「あのう、手話できるんですか?」

と!!

彼は

「すごい度胸だな・・知らない人にいきなり話しかけるなんて」

と笑っておりました。


そしたら女の人は言いました。

「そうなんです!大学の頃手話サークルに入ってて色々
聾の人たちと交流もしてたんで、手話できるんですよ!」

確かに流暢な手話で、聾の手話かと思うくらいでした。

それで嬉しくなって調子に乗った私。

「へえ!大学で勉強されてたんですか、すごいですね。
ところでどこの大学ですか?」

とかとか

「聾の人たちとはどんな交流をされていたんですか?」

とかとか

初対面なのに色々話しかけてしまっていました。

探偵の身元調査かよ。


すると、その女の人が通っていた大学の手話サークルは、
私の通っていた大学の手話サークルとも交流があって
なんと私が大学にいたころの手話サークルの先輩と友達だと
いうことが発覚!!

おぉ!すごい!!!

これはすごい偶然ですよ!!!

それでひとしきりその友達のネタで盛り上がっちゃいました。

そして、しばらくして、私は思い切って名前を聞いてみることに。
実は色々話していながら名前はまだ聞いてなかったのです。
もしかしたらその女の人と話すのは今回で最後かもしれないし・・・
というのがあって。

でも、とりあえずは聞いてみるか!と思い聞いてみたのです。

で、聞きました。

そして私の名前も言いました。

すると・・・


突然



その女の人が!


「あ~~~~~~~~~!!!

知ってる!!!!



と叫んだのです!

しかも 座っていた椅子からいきなり立ち上がって!!!


こっちがビックリだよ!


なんで会ったこともない女の人が私の名前を知ってるんじゃ!?と!


するとその女の人は、なぜ私のことを知っているかを説明しはじめました。

当時学生だった私は、県内の大学や短大の手話サークル同士の交流を活発にし、
聾や聴覚障害を持つ大学生がもっと大学生活を楽しめるようにと思って
色々な大学や短大の手話サークルを回ってPRしたり交流会をやったり
していたんですよ。
その時ある交流会があって、それに参加した私はその交流会のスタッフをやっていた人たちと仲良くしてもらっていたんです。
その当時のスタッフのメンバーが彼女だったのです!

といっても彼女は年上だったので先に卒業してしまってからは連絡も
取れなくなり、それっきりになってしまったんですね。

それがここでまた会うことになるとは・・・・

当時彼女と出会ったのは今からもう10年前のことでした。

10年という歳月はすごい・・・・
と思うほど、彼女はすごい美人になってました。

美人になったなぁ・・・・会っても誰か全然わからなかった!と思いながら
彼女の顔を眺めていると、彼女が言いました。


「いやー、分からなかったわ。
もう10年になるし・・・・・キレイになってたから分からなかった!」


ぐっへっへっへっ、それ本当っすか?ウヘヘヘヘッヘ。


聞けば彼女は今、彼氏と一緒に焼き鳥やさんをやってるとのこと。
毎日店にいるから良かったらおいで!!と。

連絡先を交換して、また近いうちに遊びに行くことを約束して
バイバイしたのでした。


いや~、ビックリした。
10年前の知人と電車の中で隣同士になるとは!!!

しかも すごい美人!ウヒョヒョ(そこかよ)

こうしてタイへ行く前にいい出会いがあって余計タイへ行くのが
楽しみになったのでした♪


さてさて、次回はタイへ行ったときの様子を書きます!(やっとかよ)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。